忍者ブログ
折り紙は、楽しいよ。
[327] [325] [321] [320] [319] [317] [315] [312] [311] [310] [309]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/11 NONAME]
[10/03 ワチタエコ]
[08/13 かめ]
[03/09 そこそこ折り紙好き]
[02/26 えずの軍団]
最新記事
プロフィール
HN:
新中人
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/05/25
自己紹介:
ここを読んだ方がいい
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
アクセス解析2
東大が「紙飛行機」実験…宇宙から無事帰還できるか
なんかのSFかと思った。

>高温に耐える特殊な紙を米スペースシャトルの形に折り
って書いてあるけどこれは・・・
普通の紙飛行機にしか見えないんだけどどうなんだろ。

>先端部で約100~200度に達したとみられるが、損傷はなかった。
大気圏突入時の温度ってその程度だったのか。
それとも何かカラクリが?
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
紙飛行機は
>普通の紙飛行機
紙飛行機は、戸田拓夫 氏
(日本折り紙ヒコーキ協会会長)の
作品(立体型スペースシャトル)ですね。
この方の著書は、折り紙ヒコーキの本の中では
かなり良い出来です。

>大気圏突入時の温度
紙が軽い事と大気圏突入速度がそれ程でない事が
理由の一つだったかと記憶しています。
逆に、紙ヒコーキでは軽すぎて大気にハジキ返される恐れが、、、。
MASUDA 2008.01.21[Mon]09:55:27 編集
Re:紙飛行機は
>紙飛行機は、戸田拓夫 氏の作品(立体型スペースシャトル)ですね。
http://www.oriplane.com/
こちらの公式ページ(?)に行ってみたら情報が載っていました。
記事の写真は裏側から写っていたみたいですね。

>大気圏突入時
なるほど重さと速度ですか。
納得しましたー。
どちらの疑問にも答えて頂きありがとうございます。
[2008.01.21 12:07]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR