忍者ブログ
折り紙は、楽しいよ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/11 NONAME]
[10/03 ワチタエコ]
[08/13 かめ]
[03/09 そこそこ折り紙好き]
[02/26 えずの軍団]
プロフィール
HN:
新中人
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/05/25
自己紹介:
ここを読んだ方がいい
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
アクセス解析2



少し前から温めていたアイディア。
目とクチバシのインサイドアウトのために一度座布団折りのように面積を半分にしているので、完成形は小さくなりますが、可愛く仕上がったと思います。




複合ニワトリの頭部パーツからチャボ。
造形的にはもう一段回行きたかったけど、この比率ではここまでが限界だった。




面白い形が見えてあっという間にできた新作です。

しかしこうたくさんニワトリ作っていると、作品名に迷う。


複合ニワトリのバリエーションと1枚折りニワトリを上から。

ニワトリを飼っていた経験からか、横向きよりも上から見た姿の印象が強く、この作品ではだいぶそれが達成できた気がする。

これでとりあえず完成とします。
尾は自然にこのように広がる面白い構造になりました。



いろいろ進みました。
一応、羽の流れと重なり。身体の幅を意識してます。


足二本でも立った。



足のパーツ。中央の指が長い。
足の折り出しが今一歩。


とりあえず全71工程でできた。
 
現在の品種改良されたニワトリの原種の一つとされる野鶏(ヤケイ)の一種です。

このニワトリをヘッドパーツとして、4枚の正方形から、不足部分を補うというコンセプトではなく、1枚折りではどうひっくり返っても限界となる"色の数"を達成するための複合作品として制作しました。

紙はカラペラピスを全色である4色とも使っています。


これをまたちょっと弄ってました。
構造的にも技術的にもデザイン的にも特別新しいことはやっていません。

Twitterで画像を流しながら開発していたシマリスが一応の完成を迎えたので、まとめます。



まず試作1匹目。発想としては、難易度の非常に高いシマリスの背中の模様をインサイドアウトで出す。そしてその目的を達成するために複数枚を使うということと、以前から試してみたかった重ね折りを合わせて実践するというものでした。
この段階ではブック型の向きに二枚。且つ、尻尾を出すために内側の紙を後ろにずらして、まとめてみたものがこちらです。



試作2匹目。ほぼ1匹目の折り直しですが、なんとか顔が可愛くならないかと努力しました。
しかしどうにもこの方法では可愛くなりそうもないので、考えを少し変えてみたのが次のもの。



3匹目。これがうまくいきました。
内側の紙を対角線で使うという発想で、尻尾の幅がなくなるのを懸念していましたが、気にしたほどその影響は出ず、逆に顔に回した紙が良い効果を出しました。まあ、この顔に固まるまで相当紙を弄ったので、ボロボロになっていますがw




5匹目。この間にほぼ同じものをもう一匹作って試しています。
後ろ脚と耳を改修したもので、この段階で最後の問題は尻尾の短さでした。



6匹目。二枚重ねで、且つそれらの紙を「まとめて折る必然はない」というところから、尻尾の根本の位置を変えたことで目的の尾を長くすることに成功しました。
ので、次で本折りです。




 

というわけで、このような形にまとまりました。
この2枚重ねで且つそれぞれの対称軸が異なるという手法は、あまり使われていないものではないかと思います(使う場面が実践でどれくらいあるのかわかりませんが)。
かなりトントン拍子で上手いこと進んでくれた上に、考えていた目的がほぼ全て達成できた良い例になりました。
どの作品もこれくらい良い流れで創れたらいいなーと思いますが、中々そう上手くはいかないものです。

忍者ブログ [PR]
PR